街角で見かけたサックス吹きの青年

【街角で見かけたサックス吹きの青年】

皆さん、おはよーございます。

昨日は仕事の打ち合わせでした。ボクの希望で、家から近い待ち合わせ場所を那覇市のメインストリート、「国際通り」にしてもらい、とりあえず国際通りの中心にあるスタバで待ち合わせることに。

ちょっと早く来過ぎてしまったのでラテを飲みながら待つことに。

通りは人であふれていた。「もう夏休みに入ってる時期か・・・」などと思いつつ、道行く人々をぼんやり見ていると、どこからともなくサックスの音色が聞こえてきた。

ふと目をやると、路地の入り口にサックス吹きの青年が立っていた。吹いている曲はジャズの定番中の定番、「Dave Brubeck Quartet」だった。テイク・ファイブが有名だ。

CMなどにも広く使われることの多い曲なので、この曲はジャズをほとんど聴かない人でも知っているのではないでしょうか?

正直、街中でこれほどの腕前の演奏を聴くことが出来るとは思ってもみなかった。

このジャズの名曲をBGMにいい気分でタバコに火をつけ、吸い込んだあと何気なく空を見上げると、抜けるような青い空が心地よく広がっていた。

もう夏本番です!