【東京】同居男性を暴行し死亡させる 容疑で45歳男を逮捕

同居男性を暴行し死亡させる

容疑で45歳男を逮捕

練馬

同居の男性を暴行して死亡させたとして、警視庁捜査1課は28日、傷害致死の疑いで、東京都練馬区早宮のアルバイト、岩本憲道容疑者(45)を逮捕した。

調べに対し、

「弁護士と相談するまで話せません」

と話している。

 

逮捕容疑は6月5日午後〜6日午前までの間、自宅アパートで同居していたアルバイト、市川明則さん(46)に暴行を加え、同日夜、腹腔内出血により死亡させたとしている。

 

捜査1課によると、2人は平成27年から同居し、アパートの1階にある事務室で、一緒に事務用品販売の仕事をしていた。

岩本容疑者は市川さんの上司で、これまでにも市川さんに暴行を加えていたという。

 

岩本容疑者は

「同居人が階段から落ちて、息をしていない」

などと119番通報。

遺体や部屋の状況に不審な点があり、捜査1課が事情を聴いていた。