後遺症で字が未だ上手く書けない私は、タ

後遺症で字が未だ上手く書けない私は、タツチするだけで世間とつながれる、この便利なツールのおかげで、懲りずに本日二度目の投稿を綴っております。

一度目の投稿では、紹介しきれなかった画像、バルコニーや自転車置き場で、人知れずひっそりと咲く草花たちの姿を、ご覧頂く喜びにつつまれて居ります。

意図せずこの投稿が目の前に現れた皆様にはご迷惑な自己満足な世界ではございますが、このページにしばしお立ち寄り下されば幸いです。

TVではゆずの夏色という曲が流れています。今の青年期の人達には昔の曲でしょうが、私にしては私より若い世代の音楽です。その曲を聴いていて、世代が変わってきても、ものの感じ方などには少しも変わりがないんだと、50代にしては少し老けた感慨に耽っております。

職場が大学という若者だらけの環境で、独り身を長く続けてきた私は、年齢を重ねた実感を伴わず生きておりましたが、二度にわたる病の影響が、私の心境に大きな変化をもたらしています。

今また、私より上の世代、ビリーバンバンの曲が流れています。私でも懐メロ。そうこうしていると、多分、自分の世代と思われる曲の数、若い世代にはどう聞こえているのでしようか?