若者のフルーツ離れ

フルーツの売上が落ちているというニュース。

若者のフルーツ離れが進んでいるそうで

20代が1週間フルーツを食べないという割合が半数以上らしい。

記事では手が汚れる、などとくだらない理由をあげていた。

わかっていないなあ。

そんなことで、あんなおいしいもの買わなくなるわけがない。

理由は簡単、高いのである。

ミカンでさえ、シーズンでも1キロ400円はする。

今はイチゴがシーズンだが1パック400円はする。

カネに目がくらんだ奴らがフルーツを高級品にしてしまったのだ。

おかげでイチゴ農家が増えたとか。

年収1千万円以上のマスコミの連中にわからない話なんだろうな。

クロマグロが減っているとか、うなぎが値上がっているとか

私には何の関係もない。

クロマグロなど生まれてウン十年、食べたことなどない。

うなぎだって最近数年ぶりに食べたが、スーパーで安売りしていた中国産。

レンジで温めてもゴムみたいな食感、さすがにマズイと思った。

もう1つ

テレビのニュースやバラエティ番組の半分以上はグルメネタ。

見ているとタレントが一人2品以上注文している。

一人でそんなに食べられるわけもない。

一口食べて「美味しい」と言ったあと、次のシーンはお店を出て行くところ。

良くてスタッフで美味しくいただく、最悪は8割は残している。

特に激辛と大盛りグルメとなれば、大半は食べ残して捨てていることは容易に想像がつく。

高価な食材が食べられない、売れないと報道している裏側では

食べ物を無駄に注文して捨てているのである。

どうかしている。