5/24 高田馬場AREA

翌水曜日もカオパ。

この日はパシフィコ横浜で仕事。いい頃合いでサクッと切り上げてスーツ姿のまま高田馬場に移動。会場前のセブンイレブンに着くと、前日よりメイクしている清掃員が多い。自分もメイクする気まんまんでドーランやカラコンを準備して持参。トイレで着替えて洗面台でメイク。薄く白塗りして目の周りは赤いリップでそれっぽく塗ってみる。そして白のカラコンを挿入。初カラコン。ゴロゴロするし視界も若干ぼやけ気味だけど、なかなか怖い感じになったみたいで満足。余った2枚はオッドアイにすべくナマセさんとエンターさんに贈呈。

この日もソールドアウト公演ながら当日券が数量限定で販売された様子。前夜がフロアに若干余裕があったからもう少し入れられるとの判断か。ならばグッジョブ。やっぱり行きたいと足を運んだ知り合いも何人か救済されてて良かった良かった。で、この日の先攻は前夜と入れ替えてLSNから。ヴォーカルの揺紗さんは髪色をピンクに変えてきて気合ひしひし。清掃員にも馴染みの強い“怪”から始まって“ウォント”のカバーは大盛り上がり。前日も披露していた“ファーストキッチンライフ”もとても良い感じ。「もっと楽しいことが後で待ってるからな、また後で会おう!」とラストナンバーの“PARTY”では「みんな首を置いて帰れよ!BiSHなんて見せないからな!」と独特の言い回しでヘドバンを煽ったかと思えば「まだまだ!なんでこっちに顔見えてるの!」と更に焚き付ける鬼の所業。新鮮で面白い。この日も30分強のステージ。

<LSN>

怪 / Cruel / ウォント(BiSH cover) / かみさまのいうとおり? / CRAZY CRAZY. / Monsters inc. / ファーストキッチンライフ(BiSH cover) / PARTY

後攻のBiSHはダークで激しい“Am I FRENZY??”からの幕開け。「NEVERMiND TOUR」では紗幕で隠されてオープニングのダンスが無かったので、1/3の赤坂BLITZ以来の久し振り。アイナの連続ターンに歓声が挙がる。衣装もプロミス衣装じゃなくてその前のKiLLERBiSH衣装。3/19のZepp以来2か月ぶりとなるヘソ出しアイナにTHEENDER達が大いに歓喜。ちなみにメイクは目の周りを黒く塗ったパターン。やられた(苦笑)。リンリンはhideオマージュだったのかな。セトリは1曲目が“スパーク”と“Am I FRENZY??”で入れ替わったのみ。印象に残ったのは確か2度目の“怪”で「頭振れー!」とアユニが叫んでいたこと。他の場面でも煽りを入れていたのかもしれないけど、曲中のそういうのは恐らく初めだったと思うから凄く新鮮。

<BiSH>

Am I FRENZY?? / IDOL is SHiT / 怪(LSN cover) / MONSTERS / BiSH-星が瞬く夜に- / ヒーローワナビー / OTNK / 怪(LSN cover) / MONSTERS / BiSH-星が瞬く夜に-

そしてお待ちかねのコラボタイム。ニコニコ動画の生中継が入ってるからとの理由により、リフトもダイブも禁止が告げられる。んー、まあ仕方ないかと納得せざるを得ず。“IDOL is SHiT”に入る前の「まだまだパーティー始まったばっかりだよー!馬鹿になる準備できてる?無限地獄にようこそー!おまえらもっと狂っちまおうぜ!」というアツコの煽りも良かったけど、「あからさまに昨日より元気だね」と挑発する揺紗さんの不敵な笑みはさすがのドSっぷり。「昨日はまだまだ地獄と呼ぶには甘かったんじゃないかね?凄い人数で地獄を作りましょう!」と煽動。そんでもって“DEADMAN”は確か2回繰り返したところでストップ。ここでニコ動の中継は終了、ここからが本番とばかりにリフト解禁が告げられて“DEADMAN”無限地獄の幕開け。基本的には前日と同じような喧騒。でも前日と同じことをやってもつまらないとばかりに更なる発展形の幾つか。オレンジ色のゴムボートにはアユニが乗船。下で支える清掃員も気遣ったかモモコの時のように転覆することもなく無事に乗り切って生還。なかなかいい初体験だったのでは(笑)。で、モモコはイ\xA5

襯ǂ離侫蹇璽箸望茲辰胴匈い暴个襪癲△気垢❹砲海譴呂△辰韻覆垸鄂紂I當未離瀬ぅ屬砲覆辰禿召❹気譴觚濇福◀如△修鵑幣昳靴涼罎任眇笋轡僉璽箸妊螢侫箸鮠紊欧討發蕕辰燭蠅靴燭里世❶▲汽啻阿里箸海蹐之觜縦垢瓩望紊佳海韻討唎譴疹賁漫△修蹐修軼畋罎某修渓擷覆いǂ覆肇汽啝呂泙蠅撚爾蠅茲Δ箸靴討燭蕁~爾ǂ藕圓厩圓韻肇璽好船磧次↗好董璽犬北椶鮓類韻襪箸海辰舛縫泪ぅ唎鮓類韻童任泙襯▲ぅ覆了僉2燭世茲箸个ǂ蠅防塰類欧壁従陲砲盡ǂ┐襦◀海譴魯泪坤ぁ9欧討鴇紊可召靴討發蕕ぁゟ垢亡鵑擦討發蕕辰萄垢圭个気譴織泪ぅ唎妨類ǂ辰堂里ざǂ屐◀修了類浪里Δ海箸防ⅶ爐世辰燭蘰❹両紊波狃漚❹匹鵑壁従陲鬚靴討い燭里ɺ瓦噱ǂ討い覆ぁ◀箸討盖い砲覆襦◀覆鵑ὰ❹鯤絜┐襪茲Δ併伝陲鬚靴討唎譴申峇屬發△辰慎い❹垢襪韻譴鼻△匹鵑幣昳靴世辰燭里世蹐Α◀箸討盖い砲覆襦◀任眇徧織▲奪廚気譴討觴命燭鮹気靴討眩漢蓋ǽ槪燭蕕覆い鵑世覆◆3㉕Ľ北滅鯡◀坊腓韻討い燭里世蹐Δʔ紛貍弌法◀海瞭詎\xCFTHEENDERではピヨさんとユウキちゃんのリフトが良かったな。エモかったし熱かった。

あと、折り返し点を過ぎてアイナが再び人渡りから後ろの柵まで移動する場面で、やはり前日と同様足元支え隊として推し事したのだが、その時に手を握って支えるという役を初めて務めることが出来てちょっと感激。前夜にイズミちゃんとTwitterのやり取りで「俺はマイク向けられたことも手を握られたこともない」とボヤいていたのを見て、そうしてくれたのかは分からないけれど、当事者としてはそこに繋げてしまうわけだ。あれがあってこう、そう考えた方がヲタク的には幸せな方向でもあるわけで、自分に都合よく思い込みしている方が幸せなのである。で、後方の柵まで辿り着いたのはいいけれど、体力の消耗も激しく疲労困憊の様子。柵の上で寝転んだりしながら清掃員にマイクを向けたりとややぐったりモード。半分気を失いかけていたのでは、という意見もある程。確かに、その後にステージに戻ろうとしてもなかなか身体が思うように動かない風の印象もあったし、かなりギリギリだったのかも。ちなみにこの日は靴を履いてなくて靴下。その足を顔面に押し付けられたさやちゃん曰く「あれだけ汗かいてるはずなのに全然臭わなかった!」と後談。てか、羨ましさし

かない(笑)。柵からステージまでは殆ど力の抜けた身体を支えて前方へと運んで送り出す。ステージ前の密集ゾーンは突っ込めなかったのでその先は自力で動いてもらうしかなかったのだが、さすがに動きが鈍くて四苦八苦している様子だった。そんなこともありつつ、2連戦ということもあって、双方共に疲労の度が明らかに前日より濃かった。それでも大量の汗を流しながら何とか乗り切ったという充実感は爽快と言い切れる至福だった。

<BiSH+LSN>

PARTY(LSN song) / IDOL is SHiT(BiSH song) / 怪(LSN song) / DEADMAN(BiSH song)

終演は21時15分頃。余韻に浸りつつも、メイクはコンビニの洗面台でサクッと落としたのだが、カラコンが巧く取れない。面倒なので自宅に戻ってから取ることにする。そんなこんなであっという間に22時過ぎ。せっかくなので、のそさんとハコ前に張り付いて出待ちを続けるも、待てど暮らせど出てこない。そのうちスタッフもLSNメンバーも帰ってしまい、これは裏からもう帰ったんじゃないかと思っていたら、ビンゴ。出待ち失敗。まあそんなこともあるさ、というわけで23時頃に離脱。結局終電。平日にこの連戦は体力的にかなり過酷だったけど、やっぱりカオパは他に代え難い悪魔のイベントであると痛感。

広告を非表示にする