コマーシャルの意義。

カールが一部の地域を除いて販売中止、というニュースを

わざわざNHKがせにゃならんのか?とうちの嫁さんが

最近のNHKは、そういうニュースで、日本政府の悪態ニュースを隠している、なっとらん!

と文句を言う。

まあ、マイ嫁は、朝10分、夜20分くらいしかニュースを見られないのもあるので、、。

私も「カール」については、そうだと思う、一企業の商品をなぜそこまで、と。

ーーー

カールの売り上げ不振は、他の製品のせいもあるけども、

TVCMをしていないからだと思う。

こんな話がある。

だれでも名前を知っている、灘の大手日本酒メーカーが、

ある年、TVCMを一年間やめたら、

次の年、自社の日本酒の売り上げが半分になってしまった、

という話が

10年くらい前だったかに聴いたことがある。

日本酒販売の全国的な低迷もあってのそれもある、と思うが、

その影響に驚いたと。

ーーー

コカ・コーラはみんな知っている、、、だがTVCMはまだやっている。

もう知っているのにまだやる意味は、

ライバル会社の飲み物があるからで、

テレビのコマーシャル時間は、限られてるから、

そこに巨額の金かかけて入り込んでおかないと、

ライバル会社にその枠をとられてしまうからであります。 

ーーー

昔、ホンダのバイクに乗っていた時に、

すこし大きなバイク屋から購入したのだけど、

そのバイク屋さん、地元の新聞に公告を

同じ場所に毎週出している。

で、訊いてみた、

「ずっと広告出してますよねえ、、、」

バイク屋の店主

「あれねえ、ずっとじゃないのですよ、月に2度しか載せてないんです、それでも、

ずっと出して広告代かなり出してるでしょ、って言われましてねえ、」

こういうのも人間の錯覚である。

ーーー

カールのほうも、製造をやめます、ということを発表するだけで、

マスコミが騒いでニュースにしてもらえば、

まだ完全に販売停止したわけではないので、

先を争って買ってもらえば、それはそれで、売り上げが上がるので、

宣伝としてはタダですから、効果としては非常に◎だったでしょう。

その昔、岡山県倉敷チボリ公園を作るときに

最初に岡山県は「阪急グループ」に、経営を委託しようとしたのですが、

断られました、その後、阪急は、宝塚遊園地に

「チボリ カラカラテルメ」という温泉施設をうちは持っていて

チボリという名前を先に使用しているので、

チボリ公園側に、名前を使うな、と裁判を起こしました。

本家のチボリの許可を取っているのと、地域が離れているのもあって

裁判は、阪急側が負けましたけど、

その時に、けっこう長い間、新聞にその話が載っていました。

あとから思うと、阪急側が断ったことが

「うちが断ったのは悪かったから、まあ、裁判とかで、そっとの名前を先に売ってあげるから、」

という裏の事情があったのかもしれません。

これで、チボリ公園は、開園する前、特に関西方面の人たちに、

けっこう名前を刷り込まれたのではなかろうかなあ、

と思ったことがあります。

大手ビールメーカーの場合でも同じような

「缶ビールのパッケージのデザインが似ている!」という裁判を

起こして、両方ともの写真が何度も新聞に載ったことがあります。

こんときも「ええ宣伝やなー」とおもったりしましたし。

意図的なことをしなくても

新聞記事にされて、大ヒットした映画が「ラストエンペラー」でした。

戦時中の大陸でおこなった日本軍の描写がカットされたしてないと

騒がれて、けっこう新聞に載った結果、

ヒットしたと記憶してます。

ーーー

ちなみに、

カールは、原材料を膨らませている菓子なので、

原価からしてみると粗利(あらり)は、かなり儲かってる菓子だろうな、と想像する。

和菓子の中で、一番儲かるのは「カステラ」であります。

洋菓子のスポンジケーキは、ベーキングパウダーを使うのですが、

本来のカステラはそれを使わず長い時間をかけて泡立てした生地を、焼いているのですが、

原材料の量よりもかなり体積が多くなるので、

儲かるのです。

ですから、「カステラ屋」というのは、

カステラだけ売っている店なのにビルが建ってます。

どんだけ儲けてたか、と、、。

パンも、、けっこうな、、、なのです。大企業、、大工場、、になってるでしょ、、。

ーーー

食品業界、飲食店業界では、

「本来は捨てられるもの」とか「安い食材」

から、どのように上手になにかを取り出して、別の商品を作れるか

という研究努力をし、そしてヒットすれば、大儲けできるのです。

一番良い例が、ラーメンと吉野家の牛丼です。

鶏や豚の骨は、本来捨てられるものです。

あれを、もらってきてぐつぐつ煮込むとラーメンのスープの素が出来るわけです。

吉野屋の牛丼の肉はアメリカ人が食べない部位を使ってます。

そういうことを見つけて商売にしたもん勝ちです。