【映画】スプリット @ネタバレあり

M・ナイト・シャマラン監督×

ジェームズ・マカヴォイ主演「スプリット」鑑賞。

最高に『衝撃』のラストでした〜

シャマランの才能だけでなく

マカヴォイの演技力、アニヤの不思議な魅力が

あって成立したというか、融合して面白さが爆発した感じ。

親友のバースデーパーティの帰り、3人の女子高生が拉致される。

3人が目を覚ますとそこは殺風景な密室だった。彼女たちの前に

現われたのは、姿を現わす度に雰囲気が変わる男だった。

なんと彼には23もの人格が宿っており、彼女たちは

24番目の人格の生贄であることが判明。彼女たちは無事に脱出できるのか?

9歳の子供や女性を演じるマカヴォイの演技力が凄い!

観続けていくことで不思議と名を名乗らなくても、目の前に

いる人格が誰なのかわかるようになる。これは凄いの一言。

多重人格(解離性同一性障害)の男が女子高生を拉致監禁する物語。

多重人格とはなにか?実在するのか?そういう部分を

丁寧に描いてますが、この作品の本質は“そこ”じゃありません。

この映画が描いているのはスーパー・ヴィラン(悪役)の誕生。

Dr.フレッチャーは、多重人格者は一般人には理解のできない

超能力者なんじゃないかと語ってます。人格が変わることで

知らないはずの言葉を話したり、タバコを吸ったりというのは

ビリー・モリガンで有名。ビリー・モリガンの影響が強い作品かも。

24番目の人格“ビースト”が物語の鍵を握ってるわけですが、

ビーストは壁をよじ登り、ショットガンで撃たれても死なない。

この辺りで急に現実離れした物語になっていきますね。

さすがにこれは“ありえない”だろうってツッコミ入れたくなる

んですが、ビーストはスーパーデュランなんですよ。

ズバリ!言っちゃいますと、

この映画……

ジャンルは……

スーパーヒーローものです。

バットマンキャプテン・アメリカ、アイアンマンと同じです。

コミックヒーローものなんですよ。じゃじゃじゃじゃあ、

マカヴォイ演じる多重人格のケヴィンに対抗するヒーローは誰よ?

って話がラストのオチで、デイヴィッド・ダンなんですよ。

デイヴィッド・ダンって誰やねん!

って、なる人も多いと思うが、彼は2000年に公開された

M・ナイト・シャマラン監督×ブルース・ウィリス主演の

アンブレイカブル」の主人公。2010年に公開された

韓国映画「超能力者」の元ネタかな?って思うぐらいに

自分の能力に気がついてない主人公が登場します。

ダンは自分の能力に気がつき、正義の味方になるが、

その能力をいち早く見抜いた男が“ミスター・グラス”こと

イライジャ・プライス。サミュエル・L・ジャクソンが演じてました。

ミスター・グラスはコミック作者で自分と対極の位置にいる人間を探す

ために、多くの人の命を奪った人物。グラスが引き起こした列車事故

ダンは能力に目覚め、多重人格のケヴィンが誕生したと思っていいでしょう。

そうとれるシーンがいくつかあるんで、意識して観てください。

つまり、この映画はスーパーヒーローもののクロスオーバー作品でもある。

その答えが2019年1月18日公開予定の「GLASS」だそうだ。

アメリカ公開日が2019年1月18日なんで日本はいつになることやら(涙)。

まあ、あれだよ、「貞子vs伽椰子」みたいなもんだと思えばいいかとw

気になるのは本作のヒロイン「ケイシー」の存在。

彼女もまたスーパーヒーローの素質を持つ人間であるのは

間違いないと思われ。3作目の「GLASS」にもケイシーは登場するのか?

登場するならダークサイドなのか、ライトサイドなのか?

気になりますね。ということで、観終わった後の会話も尽きない作品でした。

アンブレイカブル」を観てない人はこれを機に観るといいかな。

アンブレイカブル」なしではこの映画の面白さは理解できませんよ。