長年の懸案事項

実家の両親はガラケーでしかも簡単ケータイなもんだから、iPhone で撮った写真をそのまま送っても容量が大きすぎて見られない。毎度 Photoshop でサイズと容量を調節しては Mac から送付ということをやらなければならないので、ちょっと手間がかかる。それで、娘(実家にとっては孫)の写真を届けようと PHOTO-U を6年前に契約したのだけれど、いつも電源をオンにしておかないと届かないという代物だったのでこれまた使い勝手が悪く、早々に文鎮化した。電話なら電源入った時にまとめてダウンロードされるから、おんなじようなものだと思っていたら大間違いだったというわけ。

とっとと解約すればよかったのだけれど、2年縛りだし、400円だからなぁ、と思っているうちに気がつくと4年目の更新月を過ぎてしまっていた。実際は年間5千円にもなるのだから、違約金を払ってでも解約すべきなのだろうけど、まとめて1万円近く払うのはやっぱり痛い。それで、カレンダーに入れて6年目の更新月を逃さないように待っていたのだ。

GW ということもあるのか au ショップは空いていて、15分と待たずに名前を呼ばれた。無事に解約終了。

ショップに入ると店員が全員男で、こりゃ日を改めようかと思ったけど、幸い奥から女性スタッフが出て来て対応してくれた。プレグナントだったけど、男よりましw。どうも携帯ショップの男性スタッフっていけ好かないやつが多いんだよな。

待ち時間に少し Android にさわってみたけど、どうもあの試せるアプリが Chrome とか Gmail といった Google 系だけってのがよろしくないよな。あれなら iPhone にもあるから、マテリアルデザインの真髄を味わうことができない。iPhone ユーザーは、じゃ iPhone でいいかとなってしまう気がするのだ。

広告を非表示にする