読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観戦日記 4月25日 レイナ

1ヶ月ぶりの観戦。

亡くなられた 阿部四郎レフリーの 追悼式が行われた後に、本大会出場のレイナ所属選手3人で挨拶。

1、●泰里 対 〇中野たむ (ダイビング・セントーン)

たむ選手が優勢に進めて、逆エビや 弓矢固めなどで じっくり攻める。

泰里選手がヘアーホイップや ストレッチなどで反撃に出ると、たむ選手は ドロップキックや ラリアットで対抗して、泰里選手のアタックや 巻き付いてのプレス などと たむ選手の 回し蹴りや スラムなどの攻防が続き、最後は たむ選手が決める。

何回か見てるが、たむ選手は 結構 試合が上手いね!

2、〇里歩、加藤悠 対 ●清水ひかり、アーサ米夏 (ダイビングフットスタンプ)

日向レフリーで、両チームアイドルらしく ダンスも見せて入場。

りほ、はる組の連携からスタートし、相手チームの反撃も 悠選手はストンピングや 釜固めなどで勢い良く攻めて、里歩選手もヘアーホイップから キャメルクラッチや お転婆ダッシュの連携で攻めの一方。

アーサ選手が ボディアタックを噛まして反撃すると、悠選手は関節技技で攻め返して攻防し、悠選手が くるくるリボン的な技で巻き付などあり、清水選手は ドロップキックで攻めて連携を見せる。

里歩選手のスープレックスから、お互いにコーナーから飛んでのダイビングボディーの連携を放ち、最後は里歩選手が 清水選手を仕留める。

試合後は、ダウン気味の 清水選手の誕生日を祝う。

久しぶりに 悠選手の試合は見たが、予想以上に動きも良く感激した。

3、●結奈、藤ケ崎矢子 対 〇チェリー、沙紀 (チェリートーンボム)

藤ケ崎選手と 沙紀選手が 分厚い ぶつかり合いを見せたと思うと、 結奈選手のセクシーな動きに 最初は不動に見詰めていた チェリー選手も惑わされて セクシーな攻防に!

結奈選手の セクシー度5点の言葉に怒り チェリーはラフで攻め立て 連携や ドラゴンスリーパーで攻めて、結奈選手がドロップキックで逃げると 藤ケ崎選手が入り蹴散らして行き、結奈選手を使ってのスラムなどでも攻めて行ったが、おばさんの言葉で怒りを買って チェリーに首を絞められるなどの ラフ攻撃に合い、沙紀選手の カンパーナなども決められる。

やこ、ゆいなの連携で 結奈選手は強烈に雷電ドロップを放ち、沙紀選手のブレーンバスターに チェリー選手のネックブリーカーからのスープレックスと受けるもミサイル連携で対抗。

チェリー選手のスープレックスに 結奈選手のスクールボーイの返しの攻防があると、チェリー選手はストッキングを胸から取り出して 2人に被せて攻防を行い、最後は 熟女でドーンから豪快にフィニッシュを決めての勝利を取る。

チェリー選手の プロレススキルは、やはり素晴らしいね。

4、木高イサミ、●真琴 対 〇佐々木貴さくらえみ (Dガイスト)

さくら選手が 佐々木選手を押さえて出てスタートするも、真琴選手は さくら選手をはね除けて 佐々木選手を呼び込みロックアップを見せるが押されてしまう。

男子のじっくりした攻防から 女子の アタックや ストレッチの攻防があり、さくら選手の 吊り天井や 佐々木選手のボディースラムに ラフ攻撃も受けて、更には さくら選手の チョップに担ぎ上げられて 佐々木選手の逆片エビにも苦しめられる。

真琴選手はブレージングチョップで返して イサミ選手に繋ぎ、イサミ選手は勢い良く蹴散らして プレーンバスターから 卍固めと決めて 蹴りの攻防も見せて行くと、さくら選手はチョップで攻撃を返して 低空ボディーなどの連携で攻める。

イサミ選手の 前蹴りからの 雪崩式フランケン、さくら選手の バックブリーカー、佐々木選手の雪崩ブレーンバスター、真琴選手の無気力キックなど攻防が続き、イサミ選手はミサイルキックでカットに入り 真琴選手の側転攻撃から、イサミ選手はダイビングニーに 場外へのトペを放ちアシストを見せたが、さくら選手の スラムから フリップの連携に 佐々木選手のバズソーキックも入り、真琴選手は敗れてしまう。

団体のトップ同士の、重圧も見せた試合となった。

各選手の 真琴選手に対する重い話しから レイナ所属で締めを行う中で、結奈選手が5月大会で休業に入る事が発表された。

選手も少なく大変な事も多いだろうが、真琴選手には 頑張って行って欲しい所です。