読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弾丸は避けられるらしいぞ

743 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/11/20(土) 04:22:08 id:sM0BGZQT

720

弾丸は避けられるらしいぞまじで

フィリピンで戦後30年だかジャングルでサバイバルしてた小野田少尉が言ってたそうだ

本当に死ぬ!と思った時、頭が数倍に膨らんだきがして戻ったと思ったら

夜なのに昼間みたいに見えて、弾丸が飛んでくるのが見えたから避けたってさ

747 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/11/20(土) 04:49:32 id:K4F55k6U

743

ピッチャー・マウンドから投げられたボールに

反応できる限界が170km/hだそうだ。

それ以上早い場合、ボールが見えてから

バットを振り始めたのでは到底間に合わないそうだ。

人間が物を目で見てボールを認識し、バットを振り始める

までの時間に限界があるからだ。

物を認識する時間、動き始めるまでの反射時間に限界がある。

170km/hでさえ、そうなのに時速1000km/hの小さい物体を

目で見てよけるなんて物理的に不可能だろw

拳銃の銃口初速度は約300m/s = 1080km/h

仮にピッチャー・マウンドからホームベースに向かって

拳銃を撃ったとすると、 27.43(m) / 300(m/s) = 0.091 秒でホームベースを通過する。

0.091秒で、物を見て弾道を計算し、よけるなんて人間には不可能w

武勇伝は常に誇張が入るw

751 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/11/20(土) 09:12:16 id:xrsQbR5K

747

ゴルフをやっているときに、『ファー!』の声と共に自分めがけてボールがライナーで飛んできたことがあった。

そのときに、100メーターくらい向こうから飛んでくるボールがスローモーションのようにハッキリ見えた。

見えたが、ビックリするくらい身体が動かず。着弾までに身体をようやくひねることが出来たくらいだった。

ゴルフのショットはドライバーで時速300キロくらいだそうだから、そのしょっとは150キロくらいだったんだろうが。

恐怖で動かなくなったんじゃなくて、認識と反射時間のずれだとは知らなかった。勉強になった。

ちなみに、ボールは太ももに直撃した。