【揺花草子。】<その1915:タイムライン。> [自動転送]

 【揺花草子。】<その1915:タイムライン。>

 Bさん「昨日の『わしも』に続いて、今日もEテレの話題だよ。」

 Aさん「はぁ。」

 Bさん「そんなわけで今日は帯アニメの雄・『おじゃる丸』を取り上げるよ。」

 Aさん「帯アニメの雄なのかな・・・。」

 Cさん「おじゃる丸は今年がなんと放送20周年よ。」

 Aさん「おぉ! そんなになりますか!

     すごいですね!」

 Bさん「昨年は20周年を前にしてやたらと恰好宜しいEDをブチ込んで来て

     依然として攻めの姿勢を崩さなっぷりに度肝を抜かれたわけですが。」

 Aさん「うん、そうだったねぇ。

     いろんな界隈がざわついたよね。」

 Cさん「そんなこんなで迎えた20周年新シリーズのEDは、

     1期と2期で使用されていた『プリン賛歌』の新アレンジバージョンよ。」

 Aさん「おぉ・・・。」

 Bさん「あれ阿部さんなんだか収まりいいところに落ち着いたなみたいな感じ?」

 Aさん「うん・・・正直そうかも。

     去年ほどの冒険はない感じじゃない?」

 Bさん「確かにそう思うかも知れないけど、この新アレンジバージョンはね、

     アレンジャーがご存知 Cymbals などで活躍した

     沖井礼二氏だって聞いたらどう?」

 Aさん「おっ! そうなの!? それはなかなか・・・!」

 Cさん「でしょ?

     もうね、アレンジがすごく小癪なのよ。

     なんと言うかグッと来る間すごいの。

     オサレ感丸出しなの。」

 Aさん「それは・・・いいですねぇ!」

 Bさん「沖井さんにアレンジさせたらそりゃこうなるよね、って言う感じの仕上がりでさ。

     前のめり感とかすごく心地いいんだよ。」

 Aさん「へぇ・・・。」

 Bさん「まあ2期のアレンジもドライブ感あって

     オシャレで結構好きだったんだけどね。」

 Aさん「なんで19年前のシリーズを

     懐かしい感じで振り返るのかな?」

 超越している。

----------

「Meisters Brief」から自動転送

http://www.studiohs.com/28if/brief/2017/04/25.html