読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠出でなくて良し

覚えてなくても経験としては大事だから、お出掛けは休みのたびにしてる。

つぶやき上位にもほっこり。

ただ、自分が子どもの頃の記憶として、車や交通機関に乗って移動してる時間ってのはあまり楽しいものじゃなかった。

いろんな風景が楽しいとか、家族で車の中でお弁当食べたのが楽しいとかもあったけどやっぱり飽きちゃって。車中が楽しかったのはせいぜい2時間ぐらい。だから片道2時間以内にはおさめたい。

着いた先がその楽しくなかった時間と天秤にかけてそれを超えるレベルに楽しい場所なら行ってもいいかもだけど、子どもって、楽しめる基準が大人とは違うというか。

大人は「自分の経験に基づいて、今までしたことがない要素があるとより楽しめる」わけだけども、子どもは大半が「今までしたことないこと」だから、大人より些細なことも楽しめるんだよね。

遠くのアミューズメントパーク行ったことより、地元の公園で魚捕まえることの方が楽しかった、みたいな。

私は北海道在住だけど、有名どころ、旭山動物園は色んな展示方法を展開していて、見るものを飽きさせない。ただ、わたしの住む土地からは片道4時間ぐらいかかる。

しかも見れる要素が多いので、隅々まで見ようと思うと丸1日使いきれる。

地元にある動物園は、片道30分で着く。敷地は広いけど、動物の種類が少なめなので満喫しても丸1日はかからない。

ただ、ペンギンとかキリンとかライオンとか。それなりに重要どころは押さえてる。

総合的に見て就学前ぐらいの年齢の子に見せるなら、旭山1回より地元の動物園を数回の方がいいのではないかなー。

子どもがものすんごく象さんが好きで、地元にはいなくて旭山にはいる(あれ、旭山って象いなくなったっけ)とかいう特殊な条件があるなら、時間かけてでも行く価値あるとは思うけど。

こないだおかあさんといっしょのファミリーコンサートチケットが奇跡的に手に入り片道4時間かけて行った。

もー楽しくて楽しくてしばらくコンサートの話してたし、また行きたいって騒いでる。

子どもにそう思わせるぐらいのレベルの行き先なら、小さくて大人になったら思い出せないとしても、移動時間がかかっても、じゃんじゃんつれていきたいです。

道民の移動時間に対する感覚って本州の人とずれてると聞くから、車で片道2時間以内って十分な遠出なのかなぁ。

ちなみに個人的には車後部座席にテレビ付けて見せながら行くのは反対。

飽きずに長距離ドライブが出来るから旅行好きなら付けると子連れ旅行が楽らしいけど、旅をするならテレビ画面より普段見ない窓の外を楽しめる子になってほしい。

かわいい花が咲いてるとか、動物がいたとか、雲のかたちが面白いとか、夕陽がキレイとか。

そういうのをひっくるめて、旅ってもんだと思うの。古い考え方かもしれないけどさ。

■覚えてなくてもお出かけは大事! 子どもの記憶の仕組みを紹介

(いこーよ - 04月11日 16:10)