観戦では無い 日曜日

日曜日は、相撲な辺りで作業。

そんな感じで、何となく。

0、中西、ライガー、○フィンレー 対 川人、岡、●北村 (Prima Nocta)

ヤングライオン組は向かって行き、北村選手や 岡選手は担いで見せたり パワーを発揮したが、やはりベテラン組の流れは切れずの結果に。

1、真壁、永田、タイガーマスクW、●タイガーマスク 対 ○トンガ、ロア、高橋、オーエンズ (ガンスタン)

前半は タイガーマスクWなど 透かし合いの素早い攻防があり、新日正規軍も着実に攻めて見せるも、バレットクラブの パワフルさに流れは持って行かれての結果に。

2、○YOSHI-HASHI、ロメロ、バレッタ 対 鈴木、デスペラード、●TAKA (カルマ)

定番の 粗い試合を仕掛ける 鈴木軍。

勢いは鈴木軍で流れていたが、YOSHI-HASHI選手が流れを断ち切ての勝利に。

3、IWGPジュニアータッグ選手権

(王者) ○金丸、タイチ 対 (挑戦者) ●邪道、外道 (ディープインパクト)

やはり邪道、外道の連携や 攻撃は素晴らしく、邪道選手のクロスフェースで追い込んで見せるも、最後は連携力でも対抗して見せた 金丸選手がベルトを守る。

4、矢野、●石井 対 ○オメガ、ファレ (片翼の天使)

オメガ選手の 悪どくテクニックを見せた攻めと、ファレ選手のパワーが発揮された試合で、矢野選手の独特なラフ攻撃に 石井選手のゴツゴツした攻めを抑えつけた形になり、オメガ選手と矢野選手の無駄に続く掴み合いに レフリーが怒り髪を掴んで抑えつける場面などもあり、最後はバレットクラブの勝利に。

5、棚橋、○ロビンソン、田口、リコシェ 対 ●内藤、SANADA、EVIL、BUSHI (パルプ フリクション)

田口ジャパン監督の EXILEダンスと 指示力は発揮されたが、ミラノさんも怒る ロープパラダイスを決められたり、尻から吹っ飛んで行くなどの 相変わらずさは変わりなく。

そんな中で外人選手が、異常な程の跳躍力を発揮したお陰で 内藤選手を沈めての 田口ジャパンの勝利に。

試合後には、ロビンソン選手が 内藤選手のタイトルに挑戦表明

6、IWGPタッグ選手権

(王者) 天山、●小島 対 (挑戦者)○ロウ、ハンソン (フォールアウト)

天コジの攻めも けっして悪くは無かったものの、相手チームの動きは飛び抜けて攻めきれずとなり、最後も連携力で上回って見せた 挑戦者の勝利に。

7、NEVER無差別級選手権

(王者) ○後藤 対 (挑戦者) ●セイバーJr (GTR)

セイバー選手の吸い付く様な関節技は凄く、終盤には 鈴木軍も乱入して 後藤選手の勝利は遠退いた感じに見えたが、鈴木軍を蹴散らせての 見事な逆転勝利を見せた。

8、IWGPジュニアベビー

(王者) ○高橋 対 (挑戦者) ●KUSHIDA (TIME BOMB)

KUSHIDA選手は勢い良く 先制して飛んで行くが、数分の瞬殺で 高橋選手がアッサリ勝利に。

9、IWGPベビー級

(王者) ○オカダ 対 (挑戦者) ●柴田 (レインメーカー)

ゴツゴツした攻防となり、張り合うなど オカダ選手が柴田選手の領域に入った攻防に。

お互いに譲らない攻防が続き 30分も越えて進んで行ったが、最後はオカダ選手が必殺技で ベルトを守る事に。

試合後には ファレ選手が登場して オカダ選手を沈めて、セレモニーに締めもないままに オカダ選手は運ばれて終わる。

程よく 良い大会だったと思います。

月曜日の本日は、寝てなく 朝から移動中。

観戦?推し事? に行ってきます。