読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

31日までと大丈夫かと

昨日、市役所からの帰り、駅前の友人の家に寄りました。ここは昭和4年から90年ほどに渡って萬屋さん的なお店を営んできたお店でして、駅前の県道の拡張に伴いこの31日で閉店するとのこと。

ここ50年ぐらいはプロパンガスやタバコなどが事業の中心だったようですが、それでも近くの病院にお見舞いに来る人のためにお菓子とか、患者さんのための日用品などを取り扱い続けてきました。ゴム紐とか、カミソリとか、柔軟剤とか。

そんなお店が無くなってしまうのはとても切ないもの。なので友人のお母さんとお店でしばしお話させていただきました。基本、お話し好きな方なので、話し始めるとマシンガン(笑)。

免許を取る頃はタバコの販売は非常に厳しく、200m以内に別の販売所があると許可が下りなかった、とか。増築した建屋だが、核の部分はまだ昭和4年の時に買い取った建物(つまり少なくても大正の頃のものであろう建屋)が残っている、とか、話してくれました。今はもうスーパーもコンビニもあり、タバコもどこでも販売しているので役割を終えたと考えているそうです。

歴史がまた失われますねぇ。

ただし建物を壊し、道路の為に明け渡した後も多少まとまった土地が残るので、税金の関係で小さな建物を建て誰かに使ってもらおうと考えているというお話。新しい駅前の歴史が始まるのでしょうけれども、なかなか商売は難しそう(クルマの往来が頻繁でアプローチが難しい)。

お店も整理が進んでいて、母にということで、ビニール袋とか、タオルとか頂いてしまいました。写真に撮っておきたいですねぇ。

大丈夫?の件。

東芝、大丈夫かなぁ。袋小路のような気がします。以前わたしが居た会社の末期より「裏目裏目」となっている気がします。切り売りされてしまうのでしょうか。

防衛大臣、大丈夫かなぁ。話の展開が幼稚園児より稚拙なのですが。政権側の野党を馬鹿にした態度も気に食わないし、芯を食わない野党の質問もダメダメ。日本も大丈夫かなぁという展開になっていますが。

今週末からのパトロール。天気大丈夫かなぁ。

ダメっぽい。

がっくし。