スポニチ大会 神宮球場

今年も神宮球場スポニチ大会にやって来ました。昨年は福大時代から注目していた唐仁原投手が就職した富士重工目当てでした。(残念ながら唐仁原投手の登板はありませんでした)

今年は我がJR東日本が第1試合でトヨタ自動車と対戦します。

今回のお目当てはJR東日本の田嶋投手です。そして、先発が田嶋投手でした。到着したのが2回の表で既に1回の裏に1点を失っていました。

3回裏

レフトが目測誤り二塁にランナーを背負うピンチ。田嶋投手は三振でこのピンチを切り抜けました。

5回裏

細山田選手が元プロの意地を見せてライト前ヒットを飛ばします。JR東日本バッテリーにパスボールという手痛いミスが出て、二塁への進塁を許してしまいました。辰巳選手がセンター前タイムリーヒットを放ち、トヨタ自動車は2点目を奪います。さらに、4番樺沢選手のレフトオーバーのツーベースヒットで追撃で4-0

この回までで田嶋投手は降板です。

JR東日本はこのあと山口投手、平木投手のリレーで与えた四死球が8。

トヨタ自動車は川尻投手が完封しました。

田嶋投手は球速は140キロ台後半をコンスタントに出していたのに対して川尻投手は130キロ台後半。しかし、終わってみれば6-0でトヨタ自動車の完勝でした。投手は球速ではないということを示した典型的な試合でした。

第1試合と第2試合の間に東日本大震災の黙とうをささげました。

第2試合はパナソニック東京ガス

東京ガスは、中山選手、笹川選手とパワーのあるバッターがいてとても興味深いです。

試合は強力打線の東京ガスが9-1で圧勝でした。