読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘアゴムの紛失率高い 小笑です。

最寄り駅に面白い警備員さんがいます。 バスの出入りの所にいる警備員さんで、いつもテンションが高いです。

私が自転車をこいで、出入口の前を横切ろうと近づいていた時に、

丁度バスが出ようとしていました。

おっと、急がないと。 ちょっと急ぎめにペダルをこぎ始めると、

例の警備員のおじさんが出てきて、こちらを確認しました。

すぐにバスを止めてくれました。 そして、

警備員さん『ほい!ほい!頑張ってこいでーこいでっ!!』

と言いながら、両腕をグルグル回してこちらを応援してくれます。

要するに早くしてという事なのでしょうが、全然腹は立たず、不思議と、はいはーいとなります。 その前を通る度に、その警備員さんがいないかどうか楽しみにしてます。