誰が為の安売り?

アマゾンとかネット通販が人気を博している一方で運送業の人手不足が深刻化している。

俺なんかは、『送料無料』という言葉についつい買い物をしてしまうけど、いくら無料とはいえ、運ぶ人は存在するわけで、アマゾンとかがちゃんと払ってくれているとの認識だったけど、実際はかなり低価格で仕事を請け負っている業者が多いようだ。

価格というものを考えた時に、『これは○○より安い(高い)』など、何を基準に考えますか?『あそこの方が安い』とか言って安さだけを求めた場合、安くしたぶん、そのしわ寄せが誰に行くのか?

経営者?

まぁ、それも正解かも知れない。しかし、中には従業員が割りを喰ってるケースもあるんじゃないかな?

安い賃金で朝から晩まで働き続け、休みもなく、体を壊したら捨てられる。

従業員って誰?

我々ですやん。

安さばかりを追い求め、結局自分の首を閉めているのではなかろうか?

そう、思うわけです。

広告を非表示にする